ひとりまとめ

もろもろのメモ

@propertyとはなんだったのか

先日「処理の中からオブジェクトを参照する基本」などと書いてこういうつもりで進めてきたのだけども、@propertyと@synthesizeをせずにそのプロパティを利用するという局面が出てきた。あれ?ってことは理解がちょっと違ったか??ということで、さらにまとめてみる。


@propertyと@synthesizeをするというのは「そのクラス以外からプロパティを使いたいとき」みたい。
あ、そうか。そういえばgetterとsetter(またの名をアクセサとミューテータ)を自動で作るっていう説明があったな。。前回まとめたときはアウトレットを介して画面(nib)とやりとりをしたいってことだった。つまり、画面という別の場所からそのプロパティを参照したいという意味だったのか。

なーる。

広告を非表示にする