読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりまとめ

もろもろのメモ

RaspberryPiでFuelPHPを動かしたい!

前回Apache2を動かしたので、ついでにFuelPHPも入れてみようと試してみました。phpはすでに入っている状態を想定。

使ったバージョン Raspbian GNU/Linux 8 Apache/2.4.10 (Raspbian)

 

手順

1. FuelPHPをインストール

2. Apacheの設定を変更

 

1. FuelPHPをインストール

oilを使えるようにする

まずはoilが使えるようにします。公式サイトを参考にやってみました。

インストール方法 - インストール - FuelPHP ドキュメント

コマンドラインから、次のようにしろとのこと。

$ curl get.fuelphp.com/oil | sh

ところが、これを実行してみると次のようなメッセージが出ました。

sh: 2: Syntax error: newline unexpected

curl get.fuelphp.com/oil」だけを実行して落ちてきたソースを見てみると、このようになっていました。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
<html><head>
<title>301 Moved Permanently</title>
</head><body>
<h1>Moved Permanently</h1>
<p>The document has moved <a href="https://get.fuelphp.com:443/oil">here</a>.</p>
</body></html>

https://get.fuelphp.com:443/oil」へのリンクが貼られていルノで、curlを使ってこのURLから落とすことにしました。

curl https://get.fuelphp.com:443/oil | sh

これで無事oilが使えるようになりました。

 

FuelPHPを入れる

続いてoilを使ってプロジェクトのディレクトリにFuelPHPを入れます。

これは公式サイトそのままに。

oil create { プロジェクトのディレクトリ名 } 

 

2. Apacheの設定を変更

FuelPHPmod_rewriteを使ってURLを何やかんやできる必要があるので、その許可を行います。さらに、今回はFuelPHPの/{ プロジェクトのディレクトリ名 }/publicをDocumentRootに設定することにします。

 

mod_rewriteを使えるようにする

これはコマンド1発!

sudo a2enmod rewrite

 

DocumentRootに設定する

これは先日まとめたここの記事のようにするのですが、1箇所注意点があります。

Apache2のDocumentRootを変更したい!RaspberryPiで。 - ひとりまとめ

「設定ファイルの変更」の項で記載したDirectoryディレクティブの中身を次のようにします。「AllowOverride All」にしとくのがポイント。

DocumentRoot /var/www/html

<Directory /home/pi/radiko/public/>
Options Indexes FollowSymLinks
AllowOverride All
Require all granted
</Directory>

 

 

以上でFuelPHPが使えるようになる はず!

 

 

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版

 

 

ラズパイマガジン 2017年4月号 (日経BPパソコンベストムック)
 

 

広告を非表示にする