読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりまとめ

もろもろのメモ

ウチの猫が長いこと遊んでるおもちゃ・あんまり遊ばなかったおもちゃ

自分のことを振り返ったので、猫についても振り返ってみようと思います。

猫と一緒に暮らすまでは、単に「猫じゃらしみたいなのがいいんだろうな」と思っていました。実際に店頭でもまずそういうのが目につく場所にあります。

ところが、うちの猫はあんまり食いつかない。

どういうのが好きなのか・食いつきが良いのか。どうやら猫の性格によるようです。まあ、当たり前ですよね。人間も同様ですし。

また、同じおもちゃでも、遊び方によって目の輝きかたが違います。

 

そこで、どんなおもちゃをどうやって遊んでるのかを振り返ってみようと思います。

 

猫の性格

うちの猫ですが、雑種のオスで今3歳です。どっちかというと活発。特定の時間帯に限らず、よく走り回ってるように思います。

また、全く知らない人が家に来た時などは、最初は物陰に隠れて覗いてるものの、すぐに様子を見に近寄ってくるようなタイプです。

そして無類の紐好き。家中の見えてるコードは噛みまくります。

 

食いついたおもちゃ

振動を与えると、音がする小さなぬいぐるみです。↑はウサギですが、動物の形に行くつかバリエーションがあります。形は違っても、どれも同じ「ピーピー」という音がします。棉の中にプラスチックのケースに収まって小さなスピーカーとボタン電池が入っています。

これを遠くに投げると走って追いかけてくわえて帰ってくる みたいなことをしてます。投げた先が視界に入ってない方が良いようです。

盛り上がりすぎて強烈に噛んだりすることがありますが、電池まで飛び出て来たことはないです。ただ、縫製が頑丈ではないので、縫い目が解けてきやすいのが難点。

臆病気味の子の場合、この音を怖がって近づかないこともあるようです。

 

猫壱 キャット トンネル カラクサ 緑

猫壱 キャット トンネル カラクサ 緑

 

シャカシャカと擦れる音がしやすいトンネルです。使わないときは畳んでしまうことができます。

彼が覗き込んでるときに、反対側から覗き込むと黒目が大きくなって飛び込んで来ます。しばらく走り抜けた後は、中に入ってゴロゴロ過ごしてたりもします。

音を立てやすい素材で破って遊んだりすることも目的になってるようですが、 ウチの猫は破れたところを食べようとするため、目は離しにくいです。

 

 

 棒の先に、紐で繋がった硬めのビニールの羽がついたおもちゃです。

これをゆらゆらさせながら部屋の中を歩き回ると、後ろからついて来ます。台の上や物陰に隠しながら運動させてます。

ゆっくりな動きに飽きて来たら、ビュンビュン振り回してやると大ジャンプで飛びかかっています。

持ち手の棒がプラスティックで、キャッチされたときにタイミングがあってしまうと折れ曲がったりします。羽部分にはふわふわした飾りもついてるのですが、新品で遊び始めても数分で千切れてしまうのが弱点。

 

これは「音が出るおもちゃ」と「紐の先に飾りがついたおもちゃ」の合わせ技で、しかも紐の部分がゴムという、ウチで最強のおもちゃです。

振ってる時も音がするし、キャッチすると音がする。しかもゴムなので予想しにくいし、瞬発的な動きも混じります。

素晴らしい!

 

 

 

食いつかなかったおもちゃ

ペッツルート (Petz Route) カシャカシャじゃれる 小鳥
 

 棒の先に硬めのビニールや羽がついたおもちゃです。

上で紹介したのと似てるのですが、違いは棒と羽が直接ひっついていること。

どうしても動きの範囲が狭まるのと、予想外の動きがしにくいために、最初こそ手を伸ばそうとしますが、そのうち座って見つめ始めました。

ウチでは、このタイプの棒直結系はいずれも負けでした。

 

電池仕掛けで棒の先に飾りがついたおもちゃが、不規則に回転するおもちゃです。

最初こそこの写真のように飛びついたのですが、不規則とはいえ動く位置が円周上なので、そのうち少し離れた場所でゴロンと横になり眺めていました。

体が小さかったりすると、相対的に動きが大きくなって遊びやすいのかもしれませんが、うちのはかなり大柄なためか全くでした。

 

 

猫壱 猫の巣 無地ベッド

猫壱 猫の巣 無地ベッド

 

 クッション生地の寝床です。中に入って遊んだり寝たりできればいいなと思って買いました。

しかし、これは球状というか平らな部分がないために、不安定なところが嫌いなうちの猫は全く入ろうとしませんでした。もっとも、体が大きくて丸まらないと収まらないという状態でもありましたが。

 

 

こうしてみてみると、食いつきがいいのは動きが大きく遊べるもののようです。逆に食いつかないのは、動きの範囲が狭いものと言えそうです。

 

どんどん食いつくおもちゃの登場を求ム!!