ひとりまとめ

もろもろのメモ

TheNiftyMiniDriveを便利に使いたい!

使い始めたNiftyMiniDrive。内蔵のような使い心地とはいえ、そもそも常に刺しぱなしのmicroSDなので、当たり前ですがアンマウントできてしまいます。

普通のUSBメモリなどであればうっかりアンマウントしてしまっても刺し直せば済みますが、NiftyMiniDriveは取り出すにも専用器具が必要です。出先でやってしまうと厄介なことになりそう・・・。

ということで、ちょっと小細工をして「取り出し」にくくしてみました。

 

通常だと、Finderではこんな感じに表示されます。(microSDの名前をMacintosh SDとしています。)

f:id:g2_girichan:20140126151641p:plain

 

僕ならいつか取り出す自信がある!とっても危険! 

 

まずはこのmicroSDの中にフォルダを作ってみました。名前はもちろんなんでもOK。

f:id:g2_girichan:20140126151652p:plain

 

そしてこのフォルダをサイドバーに登録します。

f:id:g2_girichan:20140126160636p:plain

こうしておいて、元から表示されているサイドバーのmicroSDを右クリックして、サイドバーから削除します。

f:id:g2_girichan:20140126150520p:plain

f:id:g2_girichan:20140126151726p:plain

これで普段は「よく使う項目」からアクセスするようにすれば、うっかりアンマウントしてしまうことがなくなりそうです。

 

でも、microSDを取り出したりするなど、どうしてもアンマウントする場合もあります。そのときは、デバイスのところから取り出せばOKです。

f:id:g2_girichan:20140126151735p:plain

 

これで、多少内蔵のように取り扱いができそうです。

http://www.vintagecomp.com/affiliate/VCbanner.jpg

 

 

 

広告を非表示にする