ひとりまとめ

もろもろのメモ

SnowLeopardでTimeMachineから復活するときにAdobeがらみトラブル

不意に愛用の初代MacBook黒(MA472J/A)にいれていたHDDから異音がっ!
そして「マウスカーソルだけがすいすい動いて、他はフリーズ」という、あのいや〜な状況になってしまい、やむを得ず再起動すると案の定・・・はてなマーク・・・。

ということで、急遽HDDを買ってきて復旧を目指すことになりました。
常にTimeMachineで1時間ごとのバックアップを取っていたので、そこも確認。(これ、今回かなり安心材料でした。)

さて、実はMacBook、どうもHDDのリペアプログラムが発動中らしいです。
MacBook ハードドライブの問題に対するリペアエクステンションプログラム



ここでもう一度スペックをご紹介

  • - - - - - - - - - - - - - - - -

初代MacBook黒(MA472J/A)
SnowLeopard10.6.3
元HDD 160GB →新HDD 500GB(2.5インチSATA HTS545050B9A300)
TimeMachine用外付けHDD:BUFFALO HD-H250U2

  • - - - - - - - - - - - - - - - -

実際の取り付け方などは詳しく書かれたページがありますので、そちらをみていただくとして。
MacBookのHDD増設


そう、HDDの換装はあっさり。そしてTimeMachineからの復旧もすんなり終わります。OSのインストールに1時間程度で、TimeMachineからの復旧に3時間ほどかかりました。(160GBのうち100GBほどをMac用に割り当てていた)

タイムマシンで保存した瞬間のウインドウは位置まで覚えているという徹底ぶりで、データ関係に関してはほぼ痛手ナシ!すごいぞTimeMachine!


ただ1つを除いては・・・。


ではでは作業再開〜と思ってFireWorksを起動したところ、

この製品のライセンシングが動作していません

というメッセージ。アンインストールしてから、再度インストールし直せと言ってくる。マジカ!?

やむを得ずアンインストールをして入れ直したのですが、その後もこのメッセージが出続ける。。なんだとぉう!?!?


※やってしまいがちだが、解決しない操作
1)アプリケーションフォルダから該当ソフトをゴミ箱へ持って行くだけ
2)インストーラーといっしょについてくるアンインストーラーを実行して消すだけ

なんかこれ、とっても根が深いっぽくて、Adobeに専用のページができていました。
Mac OS X 10.6 アップグレード後に「ライセンシングが動作していません」エラーが表示される

ここのページには次のようにAからIまで9つの操作が紹介されますが、僕の環境では全てを試さないと解決しませんでした。いちいちインストールし直して起動してダメージを受けるより、腹をくくって一通りやってしまうのが結果的には早いかもです。
A. 「FLEXnet Publisher」フォルダを削除します
B. ディスクのアクセス権を修復します
C. ライセンス修復ツールを実行します
D. 「FLEXnet」フォルダのアクセス権を初期化します
E. 「Adobe PCD」フォルダのアクセス権を初期化します
F. SQLite ジャーナリングファイルを削除します
G. 大文字と小文字を区別しないファイルシステムに再インストールします
H. CS3/CS4 Clean スクリプトを実行します
I. すべての Adobe アプリケーションを再インストールします


最後はSHIFTを押しながら起動してセーフモードでインストールするところまでして、どうにか復活!ちなみにセーフモードの状態でソフトを立ち上げて認証しようとしても通信が弾かれるため、再起動して通常モードにしましょう。(セーフモードなのを忘れてて焦った)


ライセンス修復ツールとかあるにもかかわらずその後に手動で消す操作が必要だったり、そもそもあのウインドウにさらっと「アンインストールして」と書かれているなどハマりどころが多かったです。LeopardからSnowLeopardにアップデートしたときは何も言われなかったのになぁ。


ここまで実に10時間ほど・・・。途中ウトウトもしたのでもう少し早いのかもですが、疲れ切った!!

広告を非表示にする